« 2021年4月 | トップページ

2021年6月

2021年6月27日 (日)

コロナワクチン2回目接種で安心?

6月21日ファイザー製のコロナワクチン2回目接種。

今回も、ちょっと肩が痛かった、前回と同じ感じ。
前回5月31日の時に比べて、接種会場ではすこぶるスムーズ、前回も”アア~”っという間だったが、今回は”ア”っという間だった、どんどん進化するもんだと関心関心!!

2回目の接種から1週間過ぎた、厚生労働省のHPで、ファイザー製のワクチンの有効性について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発症予防効果は約95%と報告されています。
なお、本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー となっていました。

若干ホッとするものの、「適切な感染防止策を行う必要」だそうで変化なしかな、ちょっとだけだったら注意して「体力つくり」の行動でしょうか?
車も車検、これを機会に少し車のなかの「風来坊用の用具」を減らして身軽にしよう、夏には「人気のない、静かで涼しい」所へ出かけてみたいもんだ。

 

 

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

新型コロナワクチン一回目打ったよ!。

第一回ワクチン接種までのアレコレ顛末記。

明石市のワクチン接種、高齢者は5月31日からだ、スケージュールと対比すると。
*5月17日、接種券発送
これは驚き、接種券発送前だけど、”エッ1日前”に届いた!

*5月20日、接種予約受付
予約受付では、いつも病院通いの人には「かかり付け医」で早くから予約、病院に行きたがらない私はTELする先が見当たらい。
とりあえずネットで、やっぱりね繋がらね~や、では電話でも、しかし(0570)だぜ、”たらい回し””ほったらかし”のボッタくり電話番号、注意しないといけませんね。

*5月24日、もう空いてるだろうの月曜日
明石はたいして大きな市ではないので、4~5日待てば大丈夫だろうと、混雑を避け5月24日の月曜日、朝方は避けネットで申し込もうとアクセスした、なんとなんと繋がった。
予約でもするか、医療機関での個別接種はいっぱいだと新聞に出ていたが、やっぱり、遠くの???より、近くの他人と、もしかしたらと思い医療機関の申し込み状況を見てみた。
あらら、やっぱり真っ赤々(予約満杯)・・・・、おや、この青いのなんだっけ!5月31日(勿論6月も)一番最初にある医療機関が、そんな事あるわけないとクリックすると個別の予約画面に、好んで遅く予約したいと思ってるわけでもないので「予約する」。
世の中運だよな~と再認識。
**24日に追加されたみたいだった。**

*5月30日、接種前日
迷惑かけないように準備準備、持ち物チェック、予診票ダウンロードして作成、不安だから予約の確認、あった、あった大丈夫。ほんと不安だよね、これだけネット後進国の現実見せつけられると、そう言えば、マイナンバーカード申請したのにどうなっただろ~~な。

*5月31日、接種日
到着する前に補給用のお水、あれここにコンビニあったんだけど閉店かな?といいながら。
ちょっと早めに病院到着、受付済ませ、問診すましてチクッと接種、ぽけ~とすること30分、全部合わせて40分程、あ~~済んだ、済んだと帰宅。

*6月1日、接種翌日
朝起きて着替えをしていると、おや?肩押さえるとちょっと痛い、副反応かしら、ドンマイドンマイ。翌日はほぼ何もなし通常通り。

なんだかんだで終わってしまった、運がいい言えば運がいい事なんだろう。

*6月5日、神戸で新たな変異株・・・
変異種も続々と発生しているらしいようだが、世界の感染者1億7千2百万人、2.1%の感染者(6/4)、コロナワクチン 少なくとも1回接種した人 世界全体で10%超える(5/27)。安心したらいいのかダメなのかよくわからない。

オリンピックどうするのでしょうね? 「東京2020」の名が残るのか残らないのか歴史が決めてくれると思います、不名誉な残り方だけは御免こうむりたいですね。

 


オリンピック開催「賛成」「反対」色々いわれているけど。ほんと大丈夫 なの。


オリンピックなどの大型イベントは、1.主催者(運営者、運営ボランティア)、2.参加者(選手、コーチなど)、3.観戦者(観客、視聴者)がいると思います。
話題になるのは、主催者、参加者のことばかりので、「観戦者(観客、視聴者)/観客はちょっとだけ」のことについて何も言わない、「主催者、参加者」ってたかだか数万~数十万でしょ。
大きさ小ささのさはあるが、集団で盛り上がってしまう場所は世界中に出来てしまう、日本だってそうなるかもしれません。
知り合いが活躍していれば、皆で騒いでしまう、大きなパブリックビューイングで集う人より、小さな集まりが無数に近くできるほうが遥かに巨大だと考えてしまいます。


いろんな面で、このオリンピックは歴史に名を刻むのではないでしょうか。

世界的なスポーツイベントにおいて、世界の人々が、「最大が家族単位」での応援観戦で済むとは思われません。
世界の人は、オリンピックを見るのではありません、身近に感じた選手を応援し、身近な人たちで盛り上がるのです、盛り上がりの中心には「オリンピック選手」が存在するのです、スポーツは競技です、熱気のない競技ってジメジメしてヤダ!
もし感染爆発が起こっれしまったら、責任はすべての人々にありますが、悲しいかなコロナ観戦爆発のトリガーは「盛り上げる人」に委ね
られているのかもしれません

オリンピックがスポーツイベントであるなら、今の状況を鑑みて。
主催者側は、儲けたいのか、あきらめるのか?
選手は、参加したいのか、我慢するのか?
観戦者は、盛り上がりたいのか、今のままでいいのか?
はっきり意思を示すべきだと思います、優柔不断の判断が最悪の結果になりやすいと歴史が示しているように思います。

一年遅れの東京2020オリンピック、世界的コロナの再感染爆発を防ぐ英知が、主催者に有ることを信じるしかありません。

ちょっと東京2020のぼやきでも・・・でした。

 

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ