« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月26日 (火)

ちょっと気になるタイムトラベルパレード車

SUZUKA Sound of ENGINE 2019の16(土)17(日)、最終のイベントにタイムトラベルパレードがある。
時間が遅く、コースが薄暗くなってきた中のパレードなので参加車がよくわからなかったが、通常の時間帯は参加車はGPスクエアで駐車している。

16日は、コースを走行する車の観戦をし、17日は、タイムトラベルパレード参加車等を見て廻ったりしていた、その中で、まだ走ってるんだと感心した車をチョットピックアップ。
**タイムトラベルパレード参加車は、自走して来場が条件だとの事だ。

SUBARU FF1100
航空機メーカーの末裔が作った、水冷水平対向4気筒FF車。

Img_0778

プリンススカイライン1500
プリンスG型エンジン搭載、G型エンジンは、エンジンヘッド部に封印を付けて頻繁なヘッド分解によるメンテナンスを要さない事をアピールし、プリンス封印エンジンと言われたりしていた。
その後の2000GT-Rも凄いけど、先代(S5型)の2000GTも凄かったように思う、6気筒が採用されノーズが+200mm長かった。

Img_0769

いすずべレット1600GTR
ベレジの愛称で呼ばれていた、シャコタンにすると後輪がハの字になり、独特の格好で走り抜けていたっけ。

Img_0748

日野コンテッサ1300クーペ
ある所には有るんだ、構成がRRの為、フロントには空気の取り入れ口が無いので「鉄仮面」と言われてたっけ。

Img_0775

ラジエターはここにある。

Img_0776

三菱コルト1500
新三菱自動車時代の車、デボネアと似てるでしょ、ギャランGTOに繋がってくるとは驚きだった。

Img_0758

マツダコスモスポーツ
フロントグリルが大きく開いているので後期型だと思われる、六甲山では夜な夜なワイディングロードを、モーターのような排気音を響かせ風のようにを駆け抜けていたとか言われてたっけ。
白いロータリー、木の実の片山義美が乗ってんだって、早い早い、スッと抜かれたらもういないよって、ウソホントどっちかな。

Img_0826

ニッサンブルバード312
初代ブルバード(310型)の後期型、この後、ピニンファリーナデザインのデレブル(410型)スリーSはチョットS多すぎないと言われたりしていたが、一世を風靡する510型に発展していく。

Img_0881

ダイハツフェローL37型
ダイハツフェローは勿論だが、後部荷台に乗っていたのが凄い。

Img_0866

ホンダモンキー
黒い鋳鉄シリンダーに鋳鉄ヘッドが光るOHVエンジン、遊園地向けの乗り物として登場したモデルを、一般公道でも走行できるように市販化された最初のモデルでしょうかね、前後サスペンション無しフレーム直付け、少し吹かすとすぐウィリーする。

Img_0861

ホンダZ-GS(N360)
ご存じ水中眼鏡の愛称で親しまれた、Zのシリーズには空冷、水冷のエンジンが有る。

Img_0922

見れば水中眼鏡に見えるでしょう。

Img_0924

バイクで同年代、同排気量の2車種が出ていた。
Kawasaki 3 vs HONDA 4 、1966年ごろのYAMAHA 4 vs HONDA 6みたいかな(250CCレーサー)、RC166のエンジンどうしてもてぎにいっちゃったの!。

1976年 Kwasaki KH400
2サイクル3気筒、3気筒SSマッハシリーズの後継機種。

Img_0986

1975年 HONDA ドリーム CB400FOUR
4サイクル4気筒、ドリーム CB350FOURをボアアップして作られている、6速マニュアルミッションが搭載されていた。
1977年に高コストだとの事で生産が中止されたが、見た目の精悍さや綺麗さ、メカニカルな集合管、4-1のサウンドがなんとも言えなかった。

Img_0980

**記事中の数値等は曖昧な所も多々ありますので参考程度にしてください。

2019.11.17撮影

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

鍋で炊き込みご飯をつくる

今まで自炊で出かける時ご飯は、12Vで炊けるメルテック 車内用 炊飯器か、固形燃料で炊くパール金属 釜飯 ご飯鍋 1合 炊き 蓋で炊いていた。
鍋で便利に炊けるので、これなら「炊き込みご飯」も出来そうと挑戦、出かけて上手くいかなかったも悲しいので家で炊いてみた。

ご飯の炊き方は、白ごはんcomの「鍋炊きご飯の炊き方」を参考にして、炊き込みご飯は、味の素の「ほんだしで!だし炊き込みご飯」を参考にした。

今回は1合で炊く。

カップで1合計り。

Img_0862 

ボールでとぎ、その後1時間ほど水に浸けていた。

Img_0863

水をざるで切った、コメは水を含んで白くなっている。

Img_0865

炊き込みは、CMで話題♪人気「ほんだしで!だし炊きご飯」の中の「だし香る☆ 鶏ときのこのだし炊きご飯」にした。
材料は2合の時
米 2合
水 適量
鶏もも肉 1/4枚(60g)
油揚げ 1/2枚(20g)
しめじ 1パック(100g)
にんじん 20g
しょうが 1/2かけ
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ1
「ほんだし」 小さじ山盛り2(8g)
「瀬戸のほんじお」 少々
に成っている。----今回は半分になる

材料の量を半分してカット、イマイチだがこんなものかな、人参が間違ってチョット多い。

Img_0868

水を切っておいた米に、炊き込み材料と半分に計った調味料と水(今回は1.25合約250cc)を鍋に入れる。

Img_0871

出かけた時使う鍋とコンロで炊く。

Img_0872

炊きあがって混ぜると良いーーぃ匂いが。
白ごはん.comの時間通り、『沸騰したらそのまま2分炊き、その後火を少し弱めて3分、続けて弱火に落として5〜7分炊く』のが基本の炊き方と有るので、ほぼそのままの時間通りで炊き上げた。

Img_0874

味噌汁と並べるとこんな感じ、あと、イカと里芋の煮つけ、ひじきに大根のあま酢漬けを添えてお昼ご飯になった。

Img_0876

この程度なら出来そう、0.5合にして炊いても量が増えるので米だけの時よりいいかもしれないように思う。

2019.11.25撮影

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

SUZUKA Sound of ENGINE いにしえのF1が行く

SUZUKA Sound of ENGINE 2019が11/15金曜日からはじまった。

15金曜日は、11時からコース走行が始まり、各カテゴリーのフリー走行が中心、11時半ごろはLegend of Formula 1のフリー走行が行われていた。

1988 Williams FW12
ホンダエンジン搭載から、ジャッドエンジン搭載に変わってしてシーズンを戦った時の車。

Img_9974

1981 Alfa Romeo 179C
水平対向12気筒からV型12気筒エンジンに換えた179型

Img_9972

1977 Lotus 78
黒いボディーにJohn Player Specialのロゴ、これぞLotusですよね。

Img_9991

1988 AGS JH23
1880年代後半はみんなこのような形をしていた、1888年は多くのコンストラクターが参加しており、華やかな時代だった、年間チャンピオンは圧倒的な強さでマクラーレン-ホンダ、16戦中15回優勝だった。

Img_9973

オイル漏れ発生、赤旗中断コースのオイル処理、結構多く撒いちゃってるようだった。
古い車はオイル漏れが発生しやすい、1960-70前半は駐車場では油漏れの跡が結構あったもんだ。

Img_9996

コースを清掃してフリー走行の再開へ。

Img_9999

2019.11.15撮影

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

駿河湾をバックにレジェンドが走る

毎年開かれている、SUZUKA Sound of ENGIN 今回初めて来てみた。

レジェンドのレーサー達、レジェンドのマシンがひっきりなしにコースに出てくる、見応えはけっこうある。

レジェンドのFormula1が駆け抜けて行く、鈴鹿はここが良いもう少し下から撮れれば良いのだが、観客席から手ごろ望遠なら仕方ないかな。

Img_0716

WGPのUSレジェンド、ウェイン・レイニー、ケニー・ロバーツ、エディ・ローソン凄いですよね。

Img_0726

6輪のF1、Tyrrell P34、聞いたこと、本では見たことあるが実物ははじめて。

Img_0733_20191116193901

後輪に比べて前輪は結構小さい、6輪もいいけど、私は、F1で無いんだけど、インディ500カーのロータス・56、ガスタービンエンジンの音聞いてみたいもんだ、往復動、間欠燃焼でない連続燃焼機関ってどんなおとがするんでしょうね、ジェットエンジンを近くでできくようなんでしょうか、元々は小型航空機用のエンジンですもんね。

Img_0737

2019.11.16撮影

 

 

| | コメント (0)

今回は野菜付でお食事を

ご飯を1合炊いてみると結構いい、時間はほとんど0.5合の時と同じだった。

副食に野菜が少なくなりやすいので、今回は道の駅で買ったブロッコリーとトマトソース味のミートボールにひえたゆで卵加えて、ご飯を蒸らしているあいだに温めるとかんせい。

Imgp4218

味噌汁と作っておいた胡瓜の浅漬け添えて夕食完成、ご飯は、半分夕食、半分握り飯で朝食に、少し後の始末が面倒なので早めの夕食時に良いようだ。

2019.11.15撮影

 

 

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

これ便利、鍋でご飯を炊く

いつもご飯は、メルテック 車内用 炊飯器(2合炊き) DC12V Meltec LS-11一合炊き炊飯釜(固形燃料)で炊いているのだが、時々不便だなーっと感じる時がある、場所も取るし、後始末も手間だ。

道の駅で会った人が、ご飯は鍋で炊いたほうが早いし美味しい、炊くのも簡単だと言っていたので調べて挑戦してみた。

白ごはんcomに、鍋炊きご飯の炊き方が載っていたので参考にして炊く、0.5合なので水加減は適当にした。

米は1/2カップ、約0.5合のはず。

Img_9944

水は今回120ccで。

Img_9948

タッパに入れて約1時間ほど。

Img_9953

鍋に移してみるとコメがすれすれに浸かるぐらいだった。

Img_9955

さあ炊いてみる。

ゆっくりと沸騰、強火で2分、火を小さくして3分、弱い弱火で5分を書いてあるとおりにやってみた。

Img_9958 

蓋がガラスなので中が見える、確認しながら丁度時間通りにプツプツしなくなった。

Img_9960

10分程蒸らして完成、ちょっとぼやけているが良い匂い。

Img_9963

少しお焦げが出来ている、もう少し火を強くするとお焦げが出来そう。

Img_9965 

チョット硬めだが芯は無い。出来上がりは5時過ぎ辺りは暗くなって来た、冬の夜は早い、ご飯にタマゴをかけ、味噌汁とイオンで買ったサンマの味噌煮で夕ご飯、野菜が足りないなぁ。

2019.11.14撮影

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

おもてなしの宿 渓山閣

国道372号線通称でかんしょ街道を、兵庫県から京都府に入って行くと亀岡市の湯の花温泉がある。

湯の花温泉に、日帰り入浴が可能な「おもてなしの宿渓山閣」がある、京都を通過するのに時間がかかったら嫌だなと思い、温泉にでも入ってくつろいでからと寄ってみた。

おもてなしの宿 渓山閣の看板が、道の向かいに駐車場が有る。

Img_9942

兵庫県側から、湯の花温泉の中を通っている道を下ってくると、渓山閣と大きく書かれた建物なのでわかりやすい。

Img_9940

駐車場の日帰り温泉ののぼり、平日800円となっているがタオルを持参していると700円だった。

6時過ぎに行ったので結構空いていた、宴会時間だったようで空いていたんだろう。

Img_9943

2019.11.13撮影

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

JAF-GP WTCR予選

10月25日JAF-GP初日、雨の中WTCR予選が行われた。

雨は結構強いなか隊列を組んでコースに出ていく、コースは全長2.243kmの東コース、30台近くがコースに雪崩れ込むとダンロップコーナなどでは渋滞が発生していた。

01_9289

水飛沫を上げメインスタンドを駆け抜けていく。

02_9318

後続の車は、水しぶきで見えなくなっている。

03_9246

1台だけなら水飛沫もなくかいていかな??。

04_9235

赤旗のオンパレード、出て行っては列を組んでピットレーンに御帰還の繰り返しだった。

06_9273

予選2、Q2(上位12台)の頃に雨も上がり空も明るくなっていた、トップと12位では1秒13のタイム差だった。
予選タイム トップ#111 59.864、12位 #29 1'00.994 

05_9595

2019.10.25撮影

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »