« 中古APS-Cカメラ本体を比較してみた | トップページ | へー、こんな事できるんだ(水耕菜園) »

2019年2月16日 (土)

望遠レンズの大きさも比べてみる

ASP-Cの中古購入してもいずれ望遠も欲しくなるだろう、このさい大きさを比較することにしてみた。

純正は良いのだろうが、なかなか手の出る範囲ではないし大きい。

価格は、canon純正は20万以上、中古でもまだ高く、旧機種でも7-8万している。
タムロンは6万強から、シグマは7万強からの金額(2019.02現在)になっていた、大きさは
長さは、タムロンより6mm短く、シグマより10mm長い、径はタムロン、シグマより8mm程太い。

”LensTipに、タムロン「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」は安価だが純正と同等の性能”とレビューされているそうです。どんどん安く性能の良いレンズ出てきてほしいし、キャノンもLレンズいがいでも出してほしいもんだ。
タムロン、シグマの100-400なら何とか購入できそうな金額だ、でも中古品はまだまだ高く少ない。

キヤノンとタムロンの大きさの比較です、キャノンは太短い。
Eftamu1400
あまり大きさは変わらないようだが、現地では、いいな~、いいな~と思って見とれている。

各機種の大きさです

Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
最大径x長さ:94x193mm 重量:1570g 

TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD A035E
最大径x長さ:86.2x199mm 重量:1135g

SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用
最大径x長さ:86.4x182.3mm 重量:1,160g 

超望遠600mmってあこがれるよね、大きさは?、重さは?って思い比較してみた。
重さは約2Kg、カメラと合わせて3Kg弱、左手に2リットルペットボトル、右手に飲みかけの1リットルボトルを肩まで持ち上げて、車追っかけるといったところになる。

シグマの150-600、タムロン100-400、タムロン70-300の大きさを比較してみました。
思ったより、先端部分の太さ以外は変わらないようだ、600mmだと、重さの中心が前に寄るので400mmと比べてかなり重くなりそうだ。

300600com

タムロン150-400mmとタムロン100-400比較

Tam400600

タムロン、シグマ同じような形になっている、100-400mmに先端部分を取り付けたような形になっている。

各機種の大きさです

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM
最大径x長さ:105x260.1mm 重量:1,930g

TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di  VC USD G2  A022E
最大径x長さ:108.4x260.2mm 重量:2010g

2019.02.16作成

|

« 中古APS-Cカメラ本体を比較してみた | トップページ | へー、こんな事できるんだ(水耕菜園) »

レース場に行って見よう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中古APS-Cカメラ本体を比較してみた | トップページ | へー、こんな事できるんだ(水耕菜園) »