« 2019初日の出、石ケ谷公園(明石) | トップページ | 鈴鹿へGO!、今年もレースを見に行こう・2 »

2019年1月22日 (火)

鈴鹿へGO!、今年もレースを見に行こう・1

2019年のレース観戦はいよいよはじまる、最初は、鈴鹿新春ゴールデントロフィーレースから。

今年は昨年と少し変わって、ヒストリックPSクラス スプリントレース(周回数15周or20分間)、ヒストリック50分耐久(走行時間50分)と2019 N-ONE OWNER’S CUP 耐久レース(走行時間4時間)ではじまる。

今年も年間パスで、観戦料、駐車料を安くあげたいと思っていたが、パスポートを2月末までに購入しないと、駐車料無料の特典が無くなるとの事なので継続購入をした。
正直な所、これが無いと困ってしまうのだ、時間は結構あるが¥が無い無いなのであーる。

レース前日(19日)のメインストレート、N耐のフリー走行が行われていた。
スターティンググリッドは、”登録されたA ドライバーの「2018 N-ONE OWNER’S CUP」シリーズランキングに上位順により、グリッドが決定される”ので公式予選は行われないが、決勝レース出走の条件が有るのでフリー走行参加、基準タイムのクリアが必要になってくる。
ヒストリックの予選は、決勝当日の朝早く行われる。

誰もいないホームストレートとピットレーンと、開け放されたシャッタ奥に明日闘うN-ONEに出走前の静けさが漂っている。

Goldenttop

ヒストリックPSクラス スプリントレースの開始
リザルトは---ゴールデントロフィーレース

朝から雨、水しぶきを巻き上げて第一コーナへ進入してくる。

Golden01

先頭集団はブルーバード510が中心だったが、後方はいろいろな車、カペラやトレノも走っている。

Golden02

優勝車、ブルーバード510

Golden03510

TOYOTA セリカ
セリカ復活の記事も出ていますね!

Golden04cli

マツダ カペラロータリークーペ、ロータリーだよロータリー、でも重そー

Golden07cap

アラ、サニー1000クーペ、1000だよ1000、1200じゃないよ!
でもサニーのメジャーレースでは、”1967年(昭和42年)10月 - オーストラリアのバサースト500マイルレースに出場、ワンツーフィニッシュを飾る。”ってるんだよね。

Golden05sun

レースでは、優勝車のブルバード510には及ばなかったが、並み居る強豪の中2位になっている、差も30秒程だった。

Golden06sun

セダンモデルですが、ミニュチュア売ってますね!
トミカリミテッドヴィンテージ 1/64  サニー1000 2ドアセダン(青) 完成品

ヒストリック50分耐久レース

出走は8台のみ
先頭から5台、ブルバード510が3台、セリカ、フェアレデイ

Golden10

後部の3台、mini、サニー1000、BMW2002
サニー1000は、雨が上がったコースでは残念ながら上位に食い込むことが出来なかった。

Golden11

2019.01.19-20撮影

|

« 2019初日の出、石ケ谷公園(明石) | トップページ | 鈴鹿へGO!、今年もレースを見に行こう・2 »

レース場に行って見よう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019初日の出、石ケ谷公園(明石) | トップページ | 鈴鹿へGO!、今年もレースを見に行こう・2 »