« 雨の中テストは続く | トップページ | 雨上がり鈴鹿山脈クッキリ、いざ行かん »

2018年4月18日 (水)

撒きえレンズでヘアピンを撮る

鈴鹿サーキットのヘアピンは、車までの距離が結構近い。

CANONには、撒きえレンズで有名な、今は無き「EF50mm F1.8 II」があった、当時は一万円を下回って新品が買えた、時々使うことがあったが、たいがいは棚の中においている。

今回、これでレースを撮ったらどんなんだべーーっと持ってきた。

撮影サイズをそのまま、幅450、高さを300(幅450に縮小したら300だった)にしたものと、昔のノートPCに多い、画面サイズ1366×768(幅が間違って1376になっています)に加工してみたのを並べています。

デジカメでレース写真を撮り始めて間がありませんが、ブレ・ボケはカメラ任せでマダマダですが50mmでもスピード感出るもんだと関心関心です。

**横長サイズの画像をクリックすると大きく表示できます**

ヘアピンから立ち上がっていく、水平が取れていないが、50mmでこの大きさ。

Img_9427

水平と周囲を削って・・・

Img_9427s

撮影場所を少し変えて
正面に車が来るところに移動して撮影、少し大きく写っている。

Img_9527

1/125で撮っているが、周囲は流れている、1/60や1/30で流撮で車を写せるようになると、どうなるのかなと興味がわいてきます。

Img_9527s

ほれ、BMWも

Img_9529

Img_9529s

遠ざかっていく車、これより先になると小さくなってしまうかな。

Img_9508

全部全部、少し高いところからの撮影に、水平近くから撮りたいなーー!。

Img_9508sjpg

2018.04.17撮影

|

« 雨の中テストは続く | トップページ | 雨上がり鈴鹿山脈クッキリ、いざ行かん »

レース場に行って見よう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の中テストは続く | トップページ | 雨上がり鈴鹿山脈クッキリ、いざ行かん »