« 道の駅村岡ファームガーデンと御殿山公園 | トップページ | 兵庫をもっと知る、遺跡、寺社 »

2016年6月20日 (月)

またもや惜しい、トヨタのルマン24

奇跡のような出来事!!、残り3分で首位喪失。

Toyota TS050 HYBRID
Toyota TS 050 IMG 3698 03.jpg

**写真はウキペディアからリンク貼り付けしています**

今年もルマンが終わってしまいました、残り3分奇跡的な出来事だろう、383周出来たのに僅か10km程が走れなかった、24時間近くも走れたが後3分程が走れない。

1994年 (Toyota 94C-V)も、38分前まで首位で走っていたが、優勝は出来なかった。
**この年は、プライベートチームの参戦だったと思う**
終了1時間半程前の中継放送で、マシンは「もう心配はいらない」、後はヒューマンエラーだけだと監督が言っていたが、マシントラブル「シフトリンケージトラブル」でリタイヤになっている。
この時も、「エッ」っと思ったが、コントロールラインを過ぎた当りでトラブルの為、6分以内に戻ってこれなかったのも不運でしたね。

1991年の、緑とオレンジのマツダ787Bが優勝して以来の、日本車の優勝も泡となって消えた。

マツダ787B
モータースポーツジャパン2007フェスティバル イン お台場

**写真はウキペディアからリンク貼り付けしています**

マツダの時は、1位を走っていたベンツが、3時間前ぐらいにリタイヤして優勝、耐久は最後まで走りきることが難しそう。

バイクだが鈴鹿8耐、1992年、あと25分と言うところで転倒、ひん曲がったハンドルを押していた「伊藤真一」のテレビ映像が一番印象的だった。

|

« 道の駅村岡ファームガーデンと御殿山公園 | トップページ | 兵庫をもっと知る、遺跡、寺社 »

街角の情景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道の駅村岡ファームガーデンと御殿山公園 | トップページ | 兵庫をもっと知る、遺跡、寺社 »