« 但馬松島、三田浜海岸 | トップページ | 林道奥山床瀬線と三原高原 »

2014年9月21日 (日)

桑野本の大イチョウ

香住から豊岡方面に国道178号線で行くと、土生トンネルを出て少し行った所に「桑野本の大イチョウ」の看板が出ている。
県道135線で4.5kmほど行った所になる、田んぼのあぜ道のような所を行くと桑原神社があり、境内に大きなイチョウがある、桑野本の大イチョウである。

Img_0087

このイチョウは、黄葉が全部落ちた翌日は雪が降ると伝えられ、雪の予報樹とされている。

Img_0091

イチョウは街路樹としても活用されている。

街路樹の本「葉と実でわかる 街路樹の呼び名事典 」です。

イチョウの横に有った説明看板。

Img_0096


桑原神社境内に生育するイチョウ。県内のイチョウとして、樹高四十四メートルは県内第一位、胸高周囲八.・二メートルは県内第三位。

桑野本簡易郵便局の少し東あたりから、細い道で南に入っていくと県道135号線と川が接したあたりに有る。

大きな地図で見る

|

« 但馬松島、三田浜海岸 | トップページ | 林道奥山床瀬線と三原高原 »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 但馬松島、三田浜海岸 | トップページ | 林道奥山床瀬線と三原高原 »