« 竹野、御用地館(おようじかん) | トップページ | 竹野、天然記念物 はさかり岩 »

2014年9月16日 (火)

竹野、淀の洞門

竹野から少し西に行った、切浜の北端の岬に、ぽっかりとあいた洞窟がある、淀の洞門である。
凝灰角礫岩の割れ目にそって浸食されて出来た、高さ18m奥行30~40mの亀裂洞門で、海水が流れ込み、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

Img_9930

同門の近くにあった看板です。

Img_9926

2014.04.25撮影

看板をOCRで文書化したものです。

淀の洞門
 大昔、この洞門を住みかにしていた淀の大王を首領とする鬼の集団が、日々悪さをして良民を苦しめてぃました。
 出雲に帰る途中、これを聞きっけて立ち寄ったスサノオノミコトはこの洞門の向かいに船
を止めて、激戦のうえ征伐しました。
 スサノオノミコトはここで船を降りて陸路を隣村の奥須井地区まて向かい、村では牛頭大王として奉られました。乗り拾てられた船はそのまま岩になったと伝えられています。
村人たちは4そ徳をしのび、切浜海水浴場西端の細長い島を「御船」、沖合の二つの岩
礁を「沖の錨」と「灘の錨」、砂浜にある島を「艫綱」と言い、奥須井に向かう陸路を「祇園」と呼びび親しんでぃます。

使うと便利な色々な「OCRソフト 」です。

|

« 竹野、御用地館(おようじかん) | トップページ | 竹野、天然記念物 はさかり岩 »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹野、御用地館(おようじかん) | トップページ | 竹野、天然記念物 はさかり岩 »