« 猫崎の波蝕棚、波蝕甌穴群等 | トップページ | 神誕生の碑と柴野栗山の碑 »

2014年9月 8日 (月)

兵庫県最北端、猫崎燈台

兵庫県最北端に猫崎燈台がある、燈台までは遊歩道が付いている、燈台からは雄大な日本海を望むことが出来る。

燈台のところに有った説明看板。

Img_9858

Img_9853

**OCRで文書化しています**
 猫崎半島は、竹野川の河口から細長く日本海に突き出た兵庫県最北端に位置する半島です。沖合から見ると猫がうずくまったような姿に見えることから、このように名付けられたと言われています。その昔、猫崎半島は「賀嶋」と呼ばれる島でしたが、竹野川から運ばれた砂州によって陸続きとなったことで半島となったと言われています。
 猫崎半島の先端に立地するこの猫埼灯台は、白塔形の塔高9.7m、光達距離7海里(約13km)の灯台で、昭和36年10月に初点灯されました。
 天気の良い日には、ここから丹後半島の経ヶ岬まで望むことができます。

賀崎公園からの自然歩道入り口。

Img_9797

最初は、高低さがあまりないように道は続いていく。

Img_9807

中央あたりの大きい山の頂上に、急な道で登っていく、階段もつけられていた、眼下に海を見ることもできる。

Img_9811

燈台手前の山は、裾を廻って行くので高低差は無い。

Img_9839

猫崎燈台、切り立った崖に建っている。

Img_9848

2014.04.25撮影

景色のいい所に行くには
- や - が便利です

|

« 猫崎の波蝕棚、波蝕甌穴群等 | トップページ | 神誕生の碑と柴野栗山の碑 »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫崎の波蝕棚、波蝕甌穴群等 | トップページ | 神誕生の碑と柴野栗山の碑 »