« 石部神社と吉祥寺 | トップページ | 一条山経王寺 »

2014年8月27日 (水)

東京帝国大学初代総長生家と赤門

石部神社から出石中心部に進んでいくと、兵庫県立出石高等学校がある、出石高等学校は赤門があることで知られています。
藩政時代に赤門を建てることが許されていた磯野家の出身である一瀬粂吉(元三和銀行取締役)が戦前に建設し寄贈したものである。
川を挟んで、東京帝国大学の初代総長の生家が有る、東大の赤門とは関係ないもののちょっと奇縁を感じる。

99030

加藤弘之博士生家、屋根、外観等は改修されているが、敷地と建物は当時のままだそうです。

99036

生家の前に有った看板です。

99034

----------------------
加藤弘之の生家
(かとうひろゆきのせいか)
近代日本の先覚思想家で東京帝国大学の初代総理(総長)となった加藤弘之は、天保7年(1836)出石藩士加藤郎兵衛正照の長男として生まれ、幼時藩校弘道館に学び、17歳の時江戸勤番となった父に従って佐久間象山の門に入りました。その後、西洋兵学や蘭学に加え、英、仏、独の語学を修めて西洋思想の啓蒙に活躍しました。主な著書に日本で最初の立憲政体を論じた『隣草』などがあります。
生家であるこの家は、屋根、外観等は改修されていますが、敷地と建物は当時のままで、出石町の文化財に指定されています。

近畿自然歩道 環境省・兵庫県
--------------------**読み取りミスがあるかもしれません**

文書は、スキャナcanon9000Fに付属していた「読取革命Lite」で文書化しました。

OCRソフト「パナソニック 読取革命Ver.15」

スキャナ「フラットベッドスキャナ CanoScan9000F MarkII」 です。

**スキャナは、MarkⅡの前のものです、OCRも使っていなかったが、便利になっています、横書きだったらほとんど編集なしでできるかも。**

2014.04.09撮影

|

« 石部神社と吉祥寺 | トップページ | 一条山経王寺 »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石部神社と吉祥寺 | トップページ | 一条山経王寺 »