« 宍粟、天空の尾根より | トップページ | 林道を行く(氷ノ山・横行林道) »

2012年6月12日 (火)

十字路の今昔(宍粟一宮)

国道29号線、別名因幡街道(兵庫県側では因幡街道、鳥取県側では若桜街道または播州街道)と呼ばれてる。
**江戸時代に整備された因幡街道は佐用、智頭を経由する脇街道のことです**

高速が少なかった当時、国道29号線で日本海側に行くメイン道路で交通量も多かったが最近は少なくなっている、特に大型トラックは少ない。

日本海側に、キャンプ、海水浴、大山登山などの帰りに寄る十字路と言うドライブインが有ったが今は無くなっている。

Zyuziro

1971年当時のドライブインです、看板を拡大すると「十字路」の名前が分かる。

Zyuziro2

鳥取側から帰ってくると、若狭から戸倉峠、引原ダムと曲がりくねった道を走ると隊列がバラバラに成る。
十字路は大きな看板と広い駐車場で分かりやすく、携帯電話などが無い当時では、バラバラになった隊列を休憩をかねて集合するに良い場所だった。

Zyuziro01

今は、ドライブインながさわ・宍粟観光センターとなっている。
道路との境に歩道等が出来ているが、周辺は川と山に挟まれたところなのであまり変わっていない。

大きな地図で見る

撮影 2012.06.11

|

« 宍粟、天空の尾根より | トップページ | 林道を行く(氷ノ山・横行林道) »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十字路の今昔(宍粟一宮):

« 宍粟、天空の尾根より | トップページ | 林道を行く(氷ノ山・横行林道) »