« 宍粟の酒、老松(老松酒造) | トップページ | コゲラ(小啄木鳥)がやってきた »

2012年6月18日 (月)

宍粟の酒、播州一献(山陽盃酒造)

宍粟市山崎には、170年前の江戸期天保8年(1837年)に創業し、播州一献の銘柄で造っている山陽盃酒造がある。
山陽盃酒造には、明延鉱山坑道内に作られた蔵「明壽蔵」で、長期熟成酒された「明壽蔵」と言うお酒が有ります。
山陽盃酒造の場所は、老松酒造の向かい側山崎インター寄りに有り、県道53号線で行くと右手に有ります。

この写真は、県道53号線に一本北から(老松酒造の向かい)から撮ったものです。

20120611d1

大きなのれんを入った左側にお店が有り、商品の展示、パンフレット等が置いてありました。

20120611d2

山陽盃酒造の建物も「兵庫県景観形成重要建造物」に指定されています。

20120611d3 

下の黄色い道路が、県道53号線です。

大きな地図で見る

|

« 宍粟の酒、老松(老松酒造) | トップページ | コゲラ(小啄木鳥)がやってきた »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宍粟の酒、播州一献(山陽盃酒造):

« 宍粟の酒、老松(老松酒造) | トップページ | コゲラ(小啄木鳥)がやってきた »