« 三木の酒、染櫻(稲葉酒造) | トップページ | おたまじゃくしはカエル一歩手前 »

2012年5月19日 (土)

三木市、志染の石室

   志染の石室は、大谷口から伽耶院とは反対の方向に入った徒歩10分の所にある、高さ2.7m、幅14.5m、奥行き7.2mの石室で、その中のわき水は、陽春のころは黄金色、夏は赤銅色、秋は銀色、冬は黒鉄色と色を変えるので知られ、「窟屋の金水」とも呼ばれ不思議がられている・・・・・・・・**兵庫県観光百選より引用しました。

その当時は季節ごとに変化していたのでしょうか、今は説明では変色することは稀になったと書かれています。

2012051053

伽耶院から南に行き御坂の交差点を直進、志染川を渡り次の信号を東(左)に曲がり少し行くと駐車場に着く。
駐車場の近くに、案内板が有る。

2012051051

案内板の方向に行くと、桜伝説と植樹の説明がある。

2012051056_2

さらに進むと、左側にくだる道があり石室の方に行く事が出来る。

2012051054

志染の石室と説明看板(下)です。

2012051052

石室の中を撮ったと所です、陰の水面は黄色っぽい藻で覆われた感じだが、なんとなく金色に写っている。

2012051055

石室の左手には石像が並んでいます。

2012051057

若干解りにくいですが、看板通が有りますので簡単に行けます、下の地図では「1020」のあたりに駐車場が有ります。

大きな地図で見る

撮影 2012年5月10日

|

« 三木の酒、染櫻(稲葉酒造) | トップページ | おたまじゃくしはカエル一歩手前 »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三木市、志染の石室:

« 三木の酒、染櫻(稲葉酒造) | トップページ | おたまじゃくしはカエル一歩手前 »