« 舞子1、移情閣(孫文記念館) | トップページ | おたま、明日は保育園へ »

2012年5月 5日 (土)

舞子2、舞子砲台跡

舞子という地名のいわれには諸説がある。
今大河ドラマ主人公の平清盛が宴をひらいて侍女に舞わせただとか、いや在原行平だとか、光源氏だとか、松の姿が舞子のポーズに似ているからだとか、潮流が、この海浜でまわりこむだとか諸説がある。
下は舞子公園の入り口のある石碑です、奥の左手には舞子公園の案内板が有ります。201205038

大橋のアンカレイジから少し国道沿いに西側に行くと、国史跡の舞子砲台跡がある。

201205034

舞子砲台跡からも明石大橋を見ることが出来る。

201205035

砲台跡にあるベンチは大砲の形をしている、遠景は明石の市街です、ほぼ中央辺りに明石天文科学館が見える。
今日あたりは、21日の金環食の事で大忙しでしょう。

下は砲台跡にあった説明です。

悲しいことに、舞子公園のWebサイトの施設紹介の中には有りませんでした、国史跡も悲しいですね、現地の案内標識は有ったように思うます。
**ダウンロードのパンフレットには載っています**

201205031

201205036

撮影 2012年5月3日

|

« 舞子1、移情閣(孫文記念館) | トップページ | おたま、明日は保育園へ »

兵庫の観光名所めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞子2、舞子砲台跡:

« 舞子1、移情閣(孫文記念館) | トップページ | おたま、明日は保育園へ »