« おかしな通達 | トップページ | 伊丹のカリヨン »

2010年6月26日 (土)

ボランティア実習 1回目

早朝少し明るくなったが、一日中結構な雨である

ボランティア実習初日、実習室1にて先輩のお手伝い
おもに「ループ組紐」のお手伝いが中心でした、雨のため来場する人は少なかったが、勾玉2組、火起こし4組、ループ組紐6-8組でしょうか(件数はダイタイです)

火起こし体験風景
P1006263   P1006264
火を使う関係で実習室の外で行おます、火をおこす木の上に棒をおき、道具を使って「クルクル」回すと煙が出てきて火種が出来ます
出来た火種を下の写真のボールのようなもので包み息を吹きかけると燃え上がります、ボランテイア講習では「暑さ真っ盛り」の8月21日の予定です、詳しくはその時にと思っています

火起こしの材料
P1006265   P1006266
麻ひもを10センチ程度の切り揉み解していき繊維の状態にする、適当な量を集めてボール状にすると完成です

組紐の材料
P1006261   P1006262
短時間で簡単にできますので結構人気があるみたいです、左は見本と説明用の資料で、右側は組紐の材料になる色とりどりの毛糸です

小さなお子さんの実習道具
P1006267
小さなお子さんが来たときは、ぬり絵もありますし、このようなおもちゃで組合わせる体験ができます、将来の考古学者に目覚めるかも知れませんよ

|

« おかしな通達 | トップページ | 伊丹のカリヨン »

考古学ボランテイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア実習 1回目:

« おかしな通達 | トップページ | 伊丹のカリヨン »