« 愛媛県、松山市の神社を行く(3) | トップページ | 愛媛県、南西部の神社を行く »

2017年6月 5日 (月)

クーラーBOXの氷入れを作る

チョット便利に、クーラーボックスの氷入れ。

車中泊に出かける時、発泡スチロールのクーラボックスに、コンビニやスーパーで売っている1.7kgの板氷で冷やしている。
時々、板氷の袋に穴が開いていたりしてクーラーボックスの底は水浸し、クーラボックスの中身を取り出して、水を捨てて中部を拭いて、中身をもとに戻すことになる。
何かいいものないかなーと思っていたら、ダイソーの100均で、半透明ファイルボックスが売っていた、丁度サイズもいいようだったので使ってみることにした。

今使っている発泡スチロールのクーラボックスは

-- 発泡クーラー No.15 インナー無 /4-5654-05
--DIYのコーナンで売っていたのを使っている、amazonでも売っているし、インナー付もあるようだ。

紐はいらないので取り払って、ちょっとした袋で下側を囲って、マジックテープのベルトで蓋を抑えている。

ダイソーで売っていた、半透明ファイルボックス。
サイズは、325mm×90mm×220mmで、下側は、310mm×75mm×120mm、氷の大きさは、255mm×65mm×120mmのようで、サイズ的には使えそうである。

Img_1182

クーラーボックスに入れた所
長手方向は殆どぴったり、高さもいいのだが、漁港のお店等で、刺身を買ったりしたときにはクーラーボックスに入れるのだが、ファイルボックスの入れ方を反対にして置けば、幅180mm高さ80mm程までは入れれそうなどで、このまま使ってみよう。
勿論、刺身を買った時、たいがいは氷が置いてある、100均の保冷袋を用意しているので問題無く出来ている。

Img_1183

2017.06.05撮影

|

« 愛媛県、松山市の神社を行く(3) | トップページ | 愛媛県、南西部の神社を行く »

便利に作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県、松山市の神社を行く(3) | トップページ | 愛媛県、南西部の神社を行く »